×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU
いれずみ タトゥー 火の神様はおばあさん 生き物の姿の神と弓矢 第一の窓 右の座、左の座

右の座、左の座


日本の昔の住居と同じように、暮らしの中で火を扱う囲炉裏は、大事な場所でした。昔アイヌの家も、中ほどに囲炉裏があり、第一の窓がある東側が上座とされ、 お客が座るところで、男性に限られていました。 しかし、家の主よりも社会的地位が低いとされる客は、その席に座るのを遠慮しました。

上座から見て右の席に主人夫婦が並んで座るのが決まりで家族は左側に、女性客はその入り口に座るのがルールでした。