×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MENU
いれずみ タトゥー 火の神様はおばあさん 生き物の姿の神と弓矢 第一の窓 右の座、左の座

生きもの姿の神と弓矢


生きものは神様たちの、この世での仮の姿だと、
アイヌの人たちは考えるようにしてきました。
シマフクロウやキツネなどが、射たれてしまうのは人が
作った矢がほしいからだといいます。
この画像では矢をしっかりつかんだように表現していますが、
本当は矢が当たって、仮の姿での命はなくしたのだけれども、
魂は神として生きていて、頭の中、耳と耳の間にいて
この世をしっかり見ているのだ、といいます。